白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)を比べてみて気づいた違いとは?

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULU)を比べてみて気づいた違いとは?

赤ら顔でお悩みの方、たくさんいると思います。

もし「赤ら顔」という言葉を聞いたことがないけれど、その症状でお悩みの方は多くいると思うのです。

私も、赤ら顔という言葉を知ったのは、つい最近でその前は、この症状が赤ら顔というものだと知らずに、ひとり悩んでいました。

学生の頃から、この症状はありましたが、特に気にせずに、みんな同じと思っていました。

しかし社会人になってから、周りとの違いを知ったのです。

職場の先輩には顔が赤いことを心配され、お酒の席では飲む前から顔が赤くて上司に冗談で「飲む前から酔ったの?」と言われたり、色々ありましたね。

少し身体を動かしただけで顔が赤くなったり、外と室内の温度差で顔が赤くなったり、ほんの少しの刺激で顔が赤くなるんです。

最近になり、様々なアイテムがあることを知りました。

その中でも特に良いなと思ったのが「白漢 しろ彩」と「ウルウ」です。

どちらかを取り入れてみようと思っているのですが、特徴や違いなどを知りたいと思い調べてみましたよ。

結果、どちらの商品もとても良くて選ぶのが難ししです。

ただ敢えて違いを挙げるとするならば、白漢 しろ彩は、色々な成分が打ち出されていますが、ウルウはセラミドでケアすることを全面的に打ち出されているので、どんな感じかイメージできるような気がします。

これは私個人の感想なので、セラミドだけでなく、色々ある方が良いと思う方も多いかもしれませんね。

次に、白漢 しろ彩は、化粧水です。

前後の他のアイテムを使ってのケアが必要になります。
赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ
ウルウは、オールインワンアイテムなので、前後に他のアイテムを使う必要がなくて、これ1つでお手入れが完了します。

入っている成分については、どちらも肌に優しい処方となっています。
ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の口コミと赤ら顔ケアは本当?
敢えて比べると、ウルウは完全無添加で、白漢 しろ彩は完全無添加ではありません。

コスト面を比較すると、どちらも定期コースというお得に購入できるコースがあります。

白漢 しろ彩は、定期コースを活用する場合3回連続購入が条件となっています。

ウルウは、定期コースを活用した場合でも、万が一続けない場合は1回で止めることも可能です。

ここまでで、ウルウの方が良いような気がするかもしれませんね。

しかし、白漢 しろ彩は、返金保証があるのに対し、ウルウは返金保証がありません。

返金保証を利用するには、色々と条件があるので購入時にしっかり確認しておく必要がありますが、やはり返金保証があると安心してお試しができますよね。

しかしウルウは返金保証はありませんが、定期コースを活用して安く購入して1回で購入をストップすることも可能なので、どちらも気軽に使ってみることができるのかなと思います。

私自身どちらを使うか本当に迷います。

どちらも使ってみて、どちらを使うか本気で考えようと思います。

いずれにしても、若い頃から悩んでいた赤ら顔が毎日のスキンケアでケアできることを知れて本当に嬉しいですし安心しました。

当時、皮膚科の受診も考えましたが、痒みとか痛みがあるわけではないので、仕事を休んでまで受診する必要もないだろうと思い、でも周りと違うことをずっと悩んでいたので、今回これらのアイテムがあることを知り、長年の悩みがケアできるという明るい兆しが見えたことを嬉しく思います。

u

*共通案内*

アトピーの保湿やかゆみ改善には、みんなの肌潤糖!がぴったり
公式サイト→無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』